Opinion:原神は任天堂の鼻先からチャンスを奪ったのか? –

Breath of the WildにインスパイアされたMiHoYoのゲームは大ヒットしたが,任天堂はこの市場を避けるべき理由があるのかもしれない。

 MiHoYoの原神は,とんでもない数か月間を過ごした。9月末に発売されたこのゲームは,任天堂のゼルダ「ブレス オブ ザ ワイルド」に近い「インスピレーション」を受けているとの批判が少なからずあったが,それでもモバイルのチャートでは急上昇し,Sensor Towerの計算では発売から2か月で4億ドルという驚異的な売上を記録している(関連英文記事)。今週,Apple(関連英文記事)とGoogle(関連英文記事)の両方からGame of the Year賞を受賞し,今後数週間の間に何度も何度もダウンロードされ,2021年に向けて非常に強力なスタートを切ることが保証されている。

 これは非常に印象的なデビュー作であり,中国開発のゲーム全般にとって大きな節目でもある。そして,ゲームの成功の規模が明らかになったことで,任天堂の最近の大ヒット作に対する創造的な負債をめぐるレトリックが劇的に変化した。かつてはブレス オブ ザ ワイルドのテーマやシステムをあからさまかつ強引に持ち上げたことが批判されていた原神だが,今ではむしろ任天堂への批判を耳にすることが多くなった。なぜ任天堂は,このようなゲームが何億ドルものお金を稼ぎ出す,これほどまでに広いフィールドを空けてしまったのだろうか? その金は,事実上任天堂が放置してきたものだと考えていいだろう。

原神がブレスオブザワイルドからの脱却で批判されていたのに対し,今では任天堂への批判の方が一般的になっている

 この疑問自体は完全に不公平というわけではない。任天堂はゼルダのIPを所有しているが,携帯電話では何もしていない。4年ほど前にSwitchとWii Uでブレス オブ ザ ワイルドを発売したが,それらのゲーム機の発売を超えて,その特定のイテレーションで何かをすることを真剣に考えたことはないようだ。その代わりに,今後発売されるSwitch専用の続編に目を向けている。純粋にビジネスの観点から,それは任天堂がどちらかを見落としているか,または,おそらく明らかに無視したケースのほうが可能性が高い。モバイル上のこのタイプのゲームの商業的な可能性 ― それを満たすために独自の位置取りが必要だが,それは今では新興のライバルが代わりに引き継いでいる。

 さらに,任天堂がモバイルを無視することを前提としたある種の戦略を持っているわけではない。それどころか,任天堂はいまだにモバイルを長期的なビジネスの初期の柱の1つとして主張しており,NianticのPokemon Goの大成功は,モバイルの可能性を同社の上司から逃れていないことを意味している―たとえIPが同社によって直接開発やパブリッシングされているのではなく,任天堂からライセンスを受けているのであってもだ。

 では,任天堂はここで本当に10億ドル規模のトリックを見逃してしまったのだろうか。原神の成功は,京都で魂の探究心を呼び起こし,任天堂自身がなぜこの巨大な市場の需要に対応するのに十分なスピードと認識,柔軟性を持っていなかったのかという厳しい問いを投げかけることになるのだろうか。まあ……,そうかもしれない。しかし,大手で動きの鈍い業界の巨体が,機敏な新参者に負けたという愉快でよく知られた物語に飛びつく前に,今週任天堂の周りで起きた他の出来事を少し振り返ってみる価値はあるだろう。

10年後に原神のテーマパークに行列ができると真顔で言う人は誰もいないだろう

 数日前,大阪のユニバーサル・スタジオのテーマパークに隣接する任天堂初のテーマパークの第一期のオープン日がついに発表され,パーク内での初の公式メディア映像が公開された。とくにドラマチックな映像ではない。マリオカートのオープニングエリアの様子や,AR技術が使われることが確認されているが,今のところはそんな感じだ。

 それにもかかわらず,このわずかな情報と画像のトリックは,インターネットの多くのコーナーをかなり荒れ狂わせた。任天堂のテーマパークへの関心は,日本以外の国でも明らかに絶大なものであり,日本がいつ観光客を再び受け入れるのか,今のところ完全には明らかになっていない。この映像は,従来のメディアとソーシャルメディアの両方で多くの報道と莫大な関心を集め,おそらくロサンゼルスのディズニーランドにあるGalaxy’s Edgeについての初期の情報リリースや,待望のスター・ウォーズ・エリアに匹敵するほどだ。

 表面的には,これは原神の成功とはあまり関係がない。しかし,これは任天堂のような会社とMiHoYoのような会社とでは,目的や戦略がまったく異なることを物語っていると思う。原神は大金を稼いでいて,あっという間に大人気を博し,デベロッパにとっては紛れもなく大きな成果となった。しかし,ゲームとその作り手に最大限の敬意を払っても,10年後の原神のテーマパークに人が行列を作っているとは,誰も真顔で語ろうとはしないだろう。

ゼルダ ブレス オブ ザ ワイルドに似ているという批判を受けた原神だが,大成功を収めたことで,その批判はほぼ払拭されている
Opinion:原神は任天堂の鼻先からチャンスを奪ったのか?

 このゲームは,主に任天堂の財産からインスパイアされた財産の人気と,それを利用したマネタイズのスタイルの両方の点で,特定の時代の流行を捕らえるためにデザインされたゲームだ。原神の商業的な数字は,それが達成しようとしたことを正確に達成していることを示しているが,それを達成するためには,ゼルダのIPという,よりゆっくりと,より慎重に成長してきた巨人の肩に立っていることになる。

 任天堂が達成しようとしているのは,必然的に,より長期的な戦略である。任天堂は,理論的には,ブレス オブ ザ ワイルドのスピンオフゲームを原神のスタイルで発売できた可能性がある(実際,業界の他のいくつかの企業も,重要なIPを独自に管理することで,それに向けた取り組みを始めている。多くの場合,その学習プロセスは遅々として進んでいないが)。任天堂のゲームは最初からブランド認知度が高く,結果的にMiHoYoのゲームよりも早く成長したかもしれない。しかし,同社のアプローチは非常に異なるものでなければならず,その結果,少なくとも1人当たりの収益はかなり低くなってしまう可能性が高い。MiHoYoと違って,任天堂は自分たちがリリースするゲームや顧客との取引が,コアIPの価値に何をしているのかを意識しなければならないからだ。

任天堂はIPの価値を維持するために利益を犠牲にするかもしれないが,それは日本の神秘的な経営術ではなく,冷徹な計算に基づいている

 任天堂はモバイルゲームでガチャの仕組みなどを実験することには積極的だが,罵倒や二番煎じなどの非難を避けるように配慮してきた。それにもかかわらず,同社はこれらのゲームをコアとなる家庭用ゲーム機タイトルからやや離れた位置に置いている。これは単純に,同社のIPには長期的な価値があり,短期的な収益のためにそれを犠牲にするのは悲惨なアプローチになるからだ。今日は大金を稼いでいるが,テーマパークのチケットやグッズ,映画のライセンス,そしてもちろん今後数十年にわたって多くのゲームを販売する任天堂の能力を損なうようなゲームでは,短期的な成功には価値がない。任天堂が考えているように考えて,任天堂が目指している会社になりたいと考えて見れば,そうではないと分かるだろう。

 これは,一部のコメンテーターがときおりほのめかしているように,ある種の日本独自のビジネス観や,その他の都合の良い東洋主義的なナンセンスのせいではない。任天堂のやっていることに不思議なことは何もない。一般的に,この会社は四半期ごとの利益を重視しているが,その利益がどのように伸びていくのか,どこで新たな収益源を開拓できるのか,非常に広い将来的な野望を持っている。そのすべてが,コアIPの価値,光沢,消費者の信用を維持するために必要なのだ。

 言い換えれば,任天堂はIPの価値を維持するために,今の利益を犠牲にするような決断をするかもしれないが,それは日本の神秘的な経営術ではなく,冷徹な計算に基づいている。テーマパークやリゾート,グッズ,タイアップ映画やテレビ番組など,新たな収益源を確保するための決断をするのが任天堂の経営者だ。

 ゼルダのブランドを冠した原神のようなゲームをリリースしたら,そのIPにダメージを与えることになるのだろうか? かもしれない。無料プレイやガチャの仕組みが一般的に人気があるにもかかわらず,非常に分裂的なものであることは明らかだ。そして,任天堂を一番好きな人の中には親たちもいる。任天堂がテーマパークやタイアップ映画のチケットを予約してくれることを期待しているのは,まさにそのような人たちなのだ。少なくとも,任天堂がMiHoYoが原神で行ったような創造的で商業的な決断をすることは大きなリスクであり,ディズニースタイルのファミリー向けエンターテイメントコングロマリットへと成長する野心を持った会社が,最も価値のあるIPの一部がハサミで動くのを見たいとは思わないだろう。

 任天堂のトップほど,トランプメーカーとしての100年前の会社のスタートについて説教するのが好きな人はいないのは確かだが,会社の長い歴史に焦点を当てることは,何よりも動機付けされた推論でもあるだろう。他の企業と同じように計算されたボトムラインを重視した戦略のためのロマンチックな正当化を提供している。トランプは任天堂にとって,ウォルトがミッキーを描いた古い映像がディズニーにとって何であるかを示している。その選択と合理性が他のどの会社と同じように根拠があり,正当な理由なしにテーブルの上にお金を残していない会社のかわいい粉飾である。

 任天堂が10億ドル以上をテーブルに残して原神に持っていかれそうになっているのは,警戒心の強さや市場環境の変化への対応の遅さも関係しているのかもしれない。ゼルダのIPを慎重に管理する必要があることを知っていたからこそ,今回の決断に至ったのだ。しかし,ここに至るまでの決断は,ゼルダのIPを慎重に管理する必要性があったからこそ,その品質と信用を今維持することが,数年後,数十年後には何十億もの価値があることを知っていたからこそのものだったのだ。

Related Articles