5Gで加速する「VR」活用、ディズニープリンセス展とVRでコラボも ドコモがVR最新技術を展示「MWC21ショーケース」レポート | ロボスタ

0
230

ドコモは東京の本社ビル内で、スペインで開催された「MWC 2021」に出展した最新技術のデモと、5G高度化/6Gに関する取組み内容を説明するクローズドな報道関係者向け展示イベント「MWC2021 docomo Special Showcase in Tokyo」を開催した。(MWCはMobile World Congressの略。モバイルや無線通信を中心にした世界的なイベント)

紹介された最新技術の中で興味を持ったのは別の記事「ドコモが5G高度化/6Gへの取り組みを報道向けに公開 「MWC 2021」の展示技術を「docomo Special Showcase in Tokyo」で」と「ドコモが5G/6Gのカバレッジを拡張する最新技術「つまむアンテナ」を公開」で解説した。今回はその続編として5GとVRを活用した最新技術を紹介しよう。遠隔カヤック操作システムとABALシステムだ。ABALシステムはドコモとディズニーとのコラボによって実現したディズニー「プリンセス展」でVRコンテンツも開発、現在、渋谷マルイで開催中だ。

5Gのメリットを体感しやすい「VR」

4Gからの拡張で期待されて登場した「5G」。現状では各キャリアのカバーエリアの拡大が思うように進んでいないこともあるが、高速や大容量といった5Gの進化が消費者にとっては実感しづらいものになっている。
「5G」には他にもいくつかの利点があるが、業界で最も注目されているのは実は「低遅延」、つまり反応性(レスポンス)の良さだ。自動運転やドローン、ロボットなどのデバイスの制御や反応、ゲームなどのリアル感にはレスポンスがとても重要な要素だからだ。ところが一部のゲーマーを除けば、一般消費者にはこの良さは伝わりづらい。

そこで各キャリアは「5G」のメリットを「VR」や「MR」で表現しようとPRに力を入れるという構図になっている。つまりわかりやすく言うと現状ではニーズよりシーズが先行している。

とはいえ「VR」は”体験したことがない””未来的と感じる”という人もまだまだ多く、視覚的であり面白いので展示の要になってくる。
今回の展示で紹介されていたVRサービスは、いずれも「ドコモオープンハウス2020」や「2019国際ロボット展」等でも展示されていたもの。目新しさはないが、ブラッシュアップされた内容になっていたり、導入実績が進んでいたりと、進化が確認できるものになっていた。

5G×BodySharing 遠隔カヤックシステム

これは「5G×BodySharingを活用した遠隔カヤックシステム」。会場のドコモ本社と品川を繋ぎ、ドコモ本社からあたかも品川のプール(スタジオ)に作られたマングローブ林でカヤックを操作しているかのような体験ができるシステムだ。

会場ではカヤックの遠隔操作を体験中

カヤックは品川のプールスタジオに実際に浮かんでいる(右)。操作している人の視点映像が左

VRの視覚だけでなくカヤック操作を体験し、水の抵抗やマングローブの樹にカヤックやオールが当たった時の衝撃などフォースフィードバック技術も導入されているのでリアルな体験に繋がる。コロナ禍にも対応できる「リモートツーリズム」に活用できる。

遠隔地に触覚を伝える技術「BodySharing」の研究開発はH2L株式会社が行なっている。この技術は身体データの蓄積と活用をフィットネスやウェルネスにも応用できると期待されている。
■動画