A3:STILL ALIVE スティルアライブ – アプリゲット

0
327

a3-still-alive_01

暗黒世界を冒険するRPGとバトロワやPVPモードを融合させた新作!

ハイグラフィックな暗黒世界で覇を競え!

「A3:STILL ALIVE スティルアライブ」は物語を進めながらバトロワやPVPモードに挑戦するダークファンタジーRPGだ。

雪原、砂漠、森など広大な3Dフィールドを冒険し、様々なシーンで迫力のアクションバトルに挑戦!

クエストを進めるのはもちろん、バトルロイヤルや2チームに分かれる無差別PvPなど対戦コンテンツが充実したゲームだ。

広大なフィールドを冒険してバトル

a3-still-alive_02

雪原、砂漠、森などがハイグラフィックで再現されている。

守護騎士や魔術士など職業を選んでキャラを作り、クエストを達成しながら広大なフィールドを冒険しよう。

操作はゲームパッドで行い、職業ごとの役割を意識して戦う。

クエストのオート移動やバトルのオート操作もでき、キャラに付き添う仲間「ソウルリンカー」との共闘や彼らに紐づくかたちで奥義も発動できる。

A3:STILL ALIVE スティルアライブの特徴はRPGとバトルロイヤルモードの融合

a3-still-alive_04

RPGがメインでサブコンテンツとしての対戦モードがかなり充実している。

ハイグラフィックで構築されたファンタジー世界を冒険していくMMORPG本格的なバトルロイヤルモードを実装しているのが特徴的。

RPGパートのキャラが弱くてもバトロワのプレイ中にキャラを鍛えていけば1位を目指すことができる。

この他にも、多数のPvPモードが実装されていてそれがRPGパートとキャラ育成にうまく溶け込んでいるのが良かった。

ただ、キャラメイクの自由度が薄く、カメラも画角が狭いため視点の調整がしにくいなど、既存のハイグラフィックMMORPGと比べると少し見劣りする部分もあった。

バトルロイヤルモードや無差別PvPを収録!

a3-still-alive_05

バトロワはゲーム開始当初から楽しめる。

メイン画面右にはバトルロイヤルモードのアイコンがあり、挑戦すると専用のフィールドに飛ばされる。

最初に斧や弓などの武器を選び、タイミリミットによって禁止エリアが広がる中でモンスターや他プレイヤーと戦ってキャラの戦力を高めていこう。

バトルは最終的にひとりになるまで行われ、順位に応じた報酬を獲得できる。開始時からの立ち回りが要求されるモードだ。

この他にも、2チームに分かれて暗黒の中で繰り広げるPvP「暗闇の侵食」モードがある。

ゲームの流れ

a3-still-alive_07

最初に職業別にキャラクターを作成する。

性別やベースとなる体型は固定されるが、顔はカスタマイズができる。

a3-still-alive_08

RPGパートではゲームパッドで操作するかクエストをタップして目的地まで移動し、物語を進めていく。

オートバトルも最初から設定されている。

a3-still-alive_09

クエストをクリアすると装備品を獲得でき、キャラに装着させていく。

スキルの強化やモンスターカードによる能力アップなど多数の育成メニューが用意されている。

a3-still-alive_10

ゲームの進行に合わせて称号の獲得や各種ミッションを達成できる。

報酬を集めてキャラを育てていこう。

a3-still-alive_11

最後のひとりになるまで戦うバトルロイヤル、陣営に分かれる共闘PvPなど多彩なコンテンツを収録。

ここで報酬を得てRPGパートに活かそう。

A3:STILL ALIVE スティルアライブの序盤攻略のコツ

a3-still-alive_12

フィールドを冒険して装備品をドロップし、キャラを育成。

キャラは守護騎士、魔術士、狂戦士、弓使い、暗殺者の5つの職業ごとに1体ずつ作成できる。

魔術遠距離アタッカーや物理近接アタッカーなどそれぞれに役割(ロール)が違うので、まずは好みのロールで作るといい。

RPGパートの序盤はクエストとスターターガイドミッションの達成をメインに進めよう。

クエストを進めてソウルリンカーを開放

a3-still-alive_13

まずはクエストを一定まで進めて、プレイヤーレベルを上げる。

クエストの1-37をクリアするとソウルリンカーの召喚メニューが開放される(30、40分かかる)。

ソウルリンカーの召喚アイテムはゲームの進行でも得られるので、ここから仲間を集めて育成を行おう。

装飾品のガチャもあるが、それを利用するために必要なホワイトダイヤの獲得はほぼ期待できない

排出品のランクは少し下がるが、資源のエーテルを集めて装飾品を手に入れるといい。