ドスパラ、第11世代Core搭載ゲーミングPC 6機種 –

 株式会社サードウェーブは、ゲーミングPCブランド「GALLERIA」に、第11世代Core搭載のBTO対応モデル6機種を追加し、30日に発売した。

GALLERIA UA9C-R39

 CPUにCore i9-11900Kを採用し、GeForce RTX 3090を搭載したハイエンドモデル。標準構成時の税込価格は46万9,980円。

 CPUの冷却には2連ファンの液冷クーラー「GAMMAXX L240 V2+」を装備。標準構成はCPUがCore i9-11900K(5.20GHz/8コア)、メモリが32GB DDR4 SDRAM、ストレージが1TB NVMe SSD+2TB HDD。電源は850Wの80PLUS GOLD。大型で重量のあるビデオカードを搭載することから、端子部保護のためケース内部の上下からカードを固定する「リジッドカードサポート」を設置している。

 ケースは現行のGALLERIAブランドPCに採用しているアルミケースで、前面上部にUSB端子や電源ボタン、音声入出力のパネル機能を集約している。フロント、リア、トップに各1基の140mm径ファンを搭載し、静音性と冷却性能の両立を図っている。OSはWindows 10 Home。

GALLERIA ZA9C-R39

 UA9C-R39からメモリとストレージを一部省略した廉価版。標準構成時の税込価格は42万9,980円。

 標準構成、ケース仕様ともにUA9C-R39と同等だが、メモリが16GBに、ストレージが1TB NVMe SSDにそれぞれ変更されている。

GALLERIA ZA9C-R38

 基本構成はZA9C-R39と共通で、ビデオカードをGeForce RTX 3080に変更したバージョン。標準構成時の税込価格は29万9,979円。

 ビデオカードを除いた仕様はZA9C-R39と同等だが、電源は750W 80PLUS GOLDを搭載している。上位モデルと同様、リジッドカードサポートも設置する。

GALLERIA XA7C-R37

 CPUにCore i7-11700、ビデオカードにGeForce RTX 3070を採用したモデル。標準構成時の税込価格は19万9,980円。

 標準構成はCPUがCore i7-11700K(4.90GHz/8コア)、メモリが16GB DDR4 SDRAM、ストレージが512GB NVMe SSD。電源は650Wの80PLUS BRONZE。リジッドカードサポート装備。

GALLERIA XA7C-R36

 XA7C-R37からビデオカードをGeForce RTX 3060に変更した機種。標準構成時の税込価格は16万9,980円。

 ビデオカードを除いた仕様はXA7C-R37と共通だが、電源に550Wの80PLUS BRONZEを装備。リジッドカードサポートは非搭載となっている。

GALLERIA RM5C-G60S

 CPUにCore i5-11400、ビデオカードにGeForce GTX 1660 SUPERを搭載。標準構成時の税込価格は12万9,980円。

 標準構成はCPUがCore i5-11400(4.40GHz/6コア)、メモリが16GB DDR4 SDRAM、ストレージが512GB NVMe SSD。電源は550W 80PLUS BRONZE。本機のみ高さが低い(フットプリントは同じ)省スペースケースを採用している。



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Related Articles

『コード:ドラゴンブラッド』×『エヴァンゲリオン』...

『ドラブラ』にて、『エヴァンゲリ...

MildomがTOPANGAと配信契約を締結。TO...

 ライブ配信サービス・Mildom(...

【PS4】1台のテレビで協力プレイできるおすすめゲ...

ランキングではなく、独断と偏見で選んでます。 ...