Red Bull 5G 2021、SPORTSジャンル予選詳細決定!参加者募集中 –

0
12
Red Bull 5G 2021、SPORTSジャンル予選詳細決定!参加者募集中 - ファミ通.com

レッドブル・ジャパン株式会社
レッドブルは、日本のゲーミング界に翼をさずけることを目的に「Red Bull 5G(レッドブル・ファイブジー)」を開催します。本イベントは5ジャンルから選出された5ゲームそれぞれのゲームプレーヤー(プロ・アマ問わず)が東西に分かれて戦うチーム対抗のゲームイベントです。2012年から2016年の5年間にわたって行われたRed Bull 5Gを5年ぶりに開催します。

この度、SPORTSジャンル「 eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」予選参加者を募集開始しました。FIGHTINGジャンルとFREEジャンルのエントリーは既に終了していますが、他のジャンルは引き続き参加者を募集しています。RACINGジャンルは間もなく締め切りですので、ご興味のある方はお早めにエントリーください。詳しくは下記よりご覧ください。

■RACINGジャンル グランツーリスモSPORT
 https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/racing
■PUZZLEジャンル ぷよぷよ™テトリス(R)2
 https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/puzzle
■SPORTSジャンル eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE
 https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/sports
■FIGHTINGジャンル 鉄拳7
 https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/fighting
■FREEジャンル    雀魂-じゃんたま-
 https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/free

日本のゲーミング界に翼をさずけることを目的に、eスポーツが一般に知られる前の2012年よりスタートしたRed Bull 5G。SPORTS、RACING、FIGHTING、PUZZLE、FREEの5ジャンルから毎年異なるゲームを1タイトルずつ選び、それぞれ予選と東西地区代表決定戦を行い、勝ち抜いたトッププレーヤーたち(プロ・アマ問わず)が東西2チームに分かれて激突してきました。他のゲーム大会と異なり、普段あまり交流がない異なるジャンルのプレーヤーたちがチームとなって相手と戦うフォーマットは人気を博し、Red Bull 5Gに出場したい一心で普段プレイしないゲームの習得に励むプレーヤーが続出したり、Red Bull 5Gをきっかけにプロゲーマーや仕事としてゲーム会社に就職する人材が出てくるなど、ゲーム業界で注目されるイベントとなりました。そして、eスポーツとしてゲーム競技が世の中での認知及び地位を獲得したことでRed Bull 5Gは一旦その役目を終えました。
ゲーミングのスポーツや職業としての側面が強調される様になりましたが、ゲームが本来持つ“遊び”、“楽しさ”にもう一度焦点を当てたいとレッドブルは考え、「ひとびとはなぜゲームをするのか?」という原点に立ち返るべく再びRed Bull 5Gを開催します。

<Red Bull 5G 2021 東西地区代表決定戦 実施概要>
名称:

Red Bull 5G 2021 東西地区代表決定戦

日程:

9月4日(土)、5日(日) 東地区代表決定戦
9月18日(土)、19日(日) 西地区代表決定戦

備考:詳細はイベントページからご確認下さい。
https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5g-2021/finalist-qualifying

<Red Bull 5G 2021 FINALS 実施概要>
名称:

Red Bull 5G 2021 FINALS

開催日:

11月27日(土)

会場:

Gメッセ群馬

内容:5ジャンルから選出された5ゲームそれぞれのゲームプレーヤー(プロ・アマ問わず)が東西に分かれて戦うチーム対抗戦
主催:

レッドブル・ジャパン株式会社

特別後援:

群馬県

後援:

高崎市

公式サイト:

https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull5G-2021

Red Bull 5G FINALSの様子 (C)Yusuke Kashiwazaki/Red Bull Content Pool
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ